スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競売物件への挑戦(1)

現在進行形で初挑戦している競売物件について書きます。


進行中のため所々端折って書きます。ご承知ください。
結果が全て出次第、内容を加筆修正補充します。
いかんせん経験が浅いため、認識違いが発生するかもしれません。
間違いがあれば、コメントしていただけると助かります。

何度か競売物件を検索してきましたが、
自分の基準に見合う物件が無かったために、
競売には参加せずにきました。

久々に検索してみると、
自分の条件にぴったり見合う物件を
発見しました。

ここで問題は下記3点
(1)資金繰り。
(2)幾らで入札するか。
(3)物件の瑕疵の確認。

経験が無いものに対して、どうやって対処するか。
会社の仕事なら、これまで何度も同じ様な場面はありました。
しかし、失敗しても会社のお金という割り切りがあったので、
思いきったことが出来ました。

今回はそうはいきません。
100万円損したら、何ヵ月分かの生活費が飛んでしまいます。

まずは、金融機関の担当者に電話しました。
入札期限日までに審査が終わらなければキャンセルする旨を告げて、
それでも融資申込を受けてもらえるかを確認しました。

通常の不動産買付の場合、
売買契約を結ぶ時に売買金額の
1割程度の手付金をいれる必要があります。

ただし、融資特約という制度があり、
決済金が準備出来なければ、
手付金が戻ってくるという
便利な制度があるのです。
※仲介手数料相当の金額は差引かれます。

競売の場合、裁判所が決めた売却基準額の
2割を裁判所に預けて入札に参加します。

落札出来なければ返却されますが、
落札して、決済出来なければ没収されてしまします。

要するに、決済金の手当無く入札するのは
非常にリスクが高いのです。

融資の申し込みを受ける金融機関にしてみても、
審査に手間をかけても、審査が間に合わなければ無駄手間ですし、
入札が不調に終わっても審査が無駄になります。

審査に掛けるコストが無駄になる確率が、
通常の融資よりも高いため、受けてくれる金融機関が少なく、
非常に狭き門なのです。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

No title

新大塚大家さん。はじめましてケンゼンと申します。

区分投資の現実非常に参考になります。

私もアラフォーで今後も情報交換いただければと思います。

競売がんばってくださいね!ちなみにFKRの競売コンシェルジュ

登録している不動産屋さんのサポートは利用されていますか?

初コメありがとうございます♪

はじめましてケンゼンさん。

区分は利回り高くないので、
管理は楽ですが、色々問題もあります(汗

そして、まさに、FKRから依頼を出して、
今日仕事帰りに面談してきました。
明日ももう一人と会ってきます。

その辺も、それらしいのが続編に出てくるので
生暖かく見守ってくださいませ。
プロフィール

新大塚大家

Author:新大塚大家
大家始めました!
事業拡大に邁進して参ります。
大家仲間ウエルカム♪
業者売込ウエルカム♪
入門前の方ウエルカム♪

プロフへ

こちらをポチっと
していただけたら
やる気100倍です!
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

不動産投資 ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
 ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。